×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

新商品発売のお知らせ


この度、由布院わらび餅のギフトセット「由布院わらび餅2個詰合せ 桐箱入り」を発売致しました。

黒糖きな粉・きな粉の詰合せと、きな粉・抹茶きな粉の詰合せの二種で手土産・贈答に最適です。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



由布院わらび餅2個詰合せ 桐箱入り(黒糖きな粉・きな粉)






由布院わらび餅2個詰合せ 桐箱入り(きな粉・抹茶きな粉)

2019-04-24 21:49:31

コメント(0)

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、4月30日(火)、5月1日(水)は臨時休業とさせていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

2019-04-01 16:54:27

コメント(0)

おとりよせネット審査員実食レポートにて 審査員太鼓判をいただきました。

この度、おとりよせネット審査員実食レポートにて
審査員太鼓判をいただきました。

おとりよせネットとは…
お取り寄せグルメ・スイーツ・ギフトの
口コミ満載のポータルサイトです。

審査員太鼓判をいただいた「桐箱入り 由布院わらび餅真空パック150g×4個入り」も掲載されることになりました。

審査員太鼓判は、実食した審査員の総合評価の平均が★3以上の商品に与えられる称号です。
「桐箱入り 由布院わらび餅真空パック150g×4個入り」は総合評価★4.7をいただきました。


以下、審査員実食レポートです。

 

【高級感漂うわらび餅 by ことぶきさん(愛知県・30代・女性)】

指定日時通り到着しました。
緩衝材を外すと、とてもきれいな桐箱に赤い紐と上品な帯が施され、「これはいいものだ」と直感的にわかります。桐箱入りギフトはよく見掛けますが、板がペラペラで安っぽいものも多い中、こちらは厚みのある板でしっかりとしたつくりなので高級感があります。
蓋を開けると、きな粉味×2個、抹茶味×1個、黒蜜きな粉味×1個の3種4個のずっしりボリュームのある詰合せで、それぞれの個包装にも帯と紐が丁寧に施されています。そしてわらび餅を見てびっくり!市販のわらび餅は無色透明のイメージですが、こちらはわらび粉使用の本格派なので半透明のきれいな茶色をしています。木製のフォークだけでなく、切り分け用のナイフと2本セットで添えられているところも行き届いていますね。好きな大きさに切り分けて食べられるので、シェアする人数も融通がききます。
早速緑茶を淹れて頂くことに。切り分ける手に伝わるもっちり感にウキウキ♪黒蜜ときな粉は別添えなので、好みに応じて量を調整することができます。

まずはきな粉。
しっとり滑らかな口あたりで、柔らかい中にもぷにぷにとした弾力があります。わらび餅は歯切れがよく物足りないイメージがありましたが、こちらはじっくり練っているのでまろやかで濃密な口どけです。市販のわらび餅でちゃんとわらび粉を使ったものは意外と少ないですが、こちらはわらび粉を使った本格わらび餅で、厳選した国産素材と湯布院の天然水で仕上げているので、素材本来の風味や旨みが引き立っています。食べ応えはありますが、上品な甘さでペロっと食べられます。風味豊かなきな粉とわらび餅が相性抜群で、しっかり塗してわらび餅に馴染ませても、トッピングする感覚でふんわりのせても、どちらもおいしく頂けます。このきな粉、香ばしくて旨みもあって本当においしいので、わらび餅が隠れてしまうほどかけて食べるのがお気に入りです!

続いて抹茶。
抹茶きな粉が鮮やかな緑色で、見た目からもかなり贅沢な割合で抹茶が配合されていることが分かります。抹茶きな粉だけで食べてみると、抹茶の香りが口いっぱいに広がり、抹茶本来の旨みの後にほろ苦さの余韻を楽しむことができます。抹茶好きも納得の濃厚な抹茶味で、抹茶のほろ苦さがわらび餅のてん菜糖や黒糖のやさしい甘さを引き立てる大人の味わいです。わらび餅に抹茶きな粉をたっぷり塗して楽しむのがお薦めです。

最後は黒糖。
こちらはわらび餅に黒糖が使われているので、他の2種より色がちょっと濃いめで、きな粉も黒蜜が入っているので茶色っぽいお色です。食べてみると、甘さに深みとコクがあり、上質な和菓子を食べたときの満足感があります。黒蜜入りきな粉は甘さ控えめなので、わらび餅と一緒に食べてもべたつかず上品な味わいが楽しめます。

きな粉・抹茶・黒蜜それぞれに魅力ががありますが、個人的には苦味と甘みの絶妙なハーモニーが楽しめる抹茶味が一番好きです。貴重なわらび粉を使用し、火加減や練りのリズムなど熟練の技と感性で仕上げられ、「今まで食べたわらび餅は何だったんだろう」と思わせてくれるプレミアムな逸品なので、大切な方への贈り物にもお薦めです。

 


【味も見た目も上等な逸品! by さおさん(東京都・20代・女性)】


贈り物を開けた途端、思わず、素敵!と言ってしまうほど、上品な包装が施されている木箱に目を奪われました。
そして、中もきな粉2箱、黒糖きな粉、抹茶が1箱ずつどれも上品な箱に入っておりました。 

由布院の町並みは、決して派手でなく、でもどこか温かく上品な風景が広がります。その町並みを表したかのようでした。
もちろん、商品の味も見た目通りの上品さ。
どの味も、口に入れるととろりととろけるわらび餅と良く合います。シンプルなきな粉は、わらび餅本来の味を楽しむことができ、抹茶はほんのりと抹茶の苦味がありますが、とても上品に抹茶の香りが口のなかに広がります。黒糖きな粉は黒糖のまろやかな甘味がシンプルなきな粉のみのはまた違った美味しさを楽しめます。 

黒蜜も甘すぎることがなく、ついついお皿に残った蜜もすくって食べてしまいました。
自分自身へのご褒美スイーツとしてはもちろん、とても食べやすいので年配の方にもおすすめです!また、保存料なども含まれていないので、お子さまがいる家庭でも安心して食べることができます。
見た目も本当に素敵なので、帰省や親戚の集まりでの手土産などにもとてもおすすめです!



【とろける新食感♪  by みったむさん(神奈川県・20代・女性)】

指定日通りに届きました。
早速開けてみると、持ち運びに丁度良い紙袋とプチプチに覆われた立派な桐箱が。
桐箱の中には、これまた高級感のある4つの箱が綺麗に並んでいます。
1つ1つの箱の中身は、
説明書と楊枝と黒蜜(全ての箱)、抹茶パウダー(抹茶味)、黄な粉(黄な粉味)、黒糖パウダー(黒糖味)でした。

・きな粉
定番の味だからこそ、シンプルで上質な素材にこだわったこちらの品の良さがすごく分かりました。
餅だけ食べても、ほどよい上品な甘さですごく美味しいです。
これに黄な粉と黒蜜をかけると、黄な粉の香ばしさと黒糖のまろやかな甘さが加わって更に美味しく食べられます。

・黒糖
餅もしっかり黒糖の味がし、上品な甘さを感じます。
これに黒糖パウダーをかけると、ちょっと重くなるかと思いきや意外と軽やかでした。
黒糖パウダーも甘すぎず、素材の風味が活きているからでしょう。
黒蜜をかけても甘くなりすぎず、まろやかでとても美味しいです。

・抹茶
抹茶パウダーはほろ苦く、ちょっぴり大人の味わい。
抹茶パウダーと黒蜜が予想以上にマッチして驚きました。
抹茶のほろ苦さと、黒蜜と餅の甘さがちょうどよく合わさって、とても食べやすかったです。

餅は今まで食べたわらび餅の食感とは違い、初めて味わう食感でした。
言葉で表すのは難しいのですが、とぅるんとぅるんというか、本当に口の中でとろ~んととろけます。
水にもすごくこだわられているのが分かります。
レンジ500wで20秒温めるというのがおすすめの食べ方だそうで、「そのままでもこんなにとろけるのに温めて大丈夫かな?」と最初は思いましたが、試してみて感動。
ほんのり温かく、更にとろとろ食感が楽しめてとても美味しかったです。アイスを添えても美味しいと思います。
パウダーも黒蜜も十分な量がありますので、好きな分だけかけて楽しめるのも良いですね。

常温で2週間ほど日持ちしますし、包装もすごく丁寧なので贈り物に最適だと思います。
このわらび餅を食べてしまったら、もう普通のわらび餅は食べられませんね!
大切な人へのギフトや、自分へのご褒美にもとてもおすすめです。



【今までに食べた事のない食感! by ひなこらたさん(大阪府・30代・女性)】

自宅に届き、開けた瞬間からすごい高級感のあるわらび餅でした。というのも、綺麗な桐箱に4点のわらび餅がぴったり入っていて、上品な色合いで1つ1つ丁寧に梱包されていたからです。

3種類の味が入っていたので、どれにしようか迷いましたが、まずは抹茶から。とろんとろんに練ってあるわらび餅を切り分け、まずはそのままでいただきました。黒糖のほどよい甘みが口の中にあふれ、噛んでいるのかとろけているのか分からない程の絶妙なトロトロ感。こちらはきな粉が抹茶風味になっており、きな粉自体には甘みはなく抹茶の苦味がありましたが、わらび餅と一緒に食べると黒糖の甘みとで緩和され、さっぱり食べられました。また、黒蜜をつけると濃厚な味わい。

次に、きな粉をいただきました。召し上がり方の紙に、ホットでも美味しい!と記載があったので、レンジで約30秒加熱してみました。今までわらび餅を温めて食べたことがなかったので、どんな感じなのかワクワク・・・。ほんのり温かく、とろっとろのわらび餅でした。もう歯がなくても食べられる程。それに比べると、冷やした物にはトロトロ感の中にも弾力があるんだなと分かります。

最後は、黒糖きな粉です。こちらのきな粉にも甘みはありませんが、2つ目のきな粉より黒豆のような大豆感のあるきな粉でした。

どれも黒蜜を付けてしまうと、同じような味になるのかと思いきや、全く違ったのでビックリ。抹茶、きな粉、黒糖きな粉の3種類に合わせたわらび餅になっているので、どれも同じ味ではなく、この1箱で色んな味わいや食感が楽しめて、食べるのが本当に楽しかったです。ありがとうございました!




 

【瑞々しいモッチリ感のほっこりスイーツ! by まろこさん(群馬県・40代・女性)】

「配送状態」
指定時間通りに届きました。
常温なので慌てて冷蔵庫へ入れずに涼しいところで保存できます。
箱を開けるとまず紙袋。
桐の箱サイズぴったりで凛とした美しい紙袋です。
これだけでテンション上がります!
持参して贈る際にまさにぴったりの紙袋です。
その紙袋をめくるとプチプチで覆われいる桐の箱!
体裁の美しさに、眺めているだけでうっとりします。
そして箱を開けると4つの箱に入ったわらび餅が登場です。

わらび餅に辿りつくまでのプロセスが既に豪華でワクワクどきどきします!
頂き物で箱から包装の紙まで何やら全部保存したくなるタイプの贈り物ってあるかと思いますが、まさにそのタイプのものです。

「わらび餅の梱包状態」
一つ一つ箱に入ってますが、開けるとこれまた丁寧です、とても。
じっくり腰据えて読みたくなるような説明書きと一回使っただけでは捨てられないような竹和菓子切、黄な粉と黒蜜が入ってます。
説明書きによると温めても美味しいとの事、これには驚きでした!
勿論冷やして食べる際の美味しい食べ方も説明があります。

「味わい」
・きな粉
一番プレーンな味なので3種類ありますが、このきな粉から食べるのがお薦めです。
やさしい甘みのわらび餅に香ばしいきな粉と濃厚な黒蜜が絡んで癒される味わいです。

・抹茶
わらび餅はきな粉と同じものになります。
別添の抹茶の苦味が上品なわらび餅の甘さとあいまって、これも美味しいですね~。
抹茶好きの方には是非召し上がってもらいたいです。

・黒糖きな粉
黒糖を使ったわらび餅です。
わらび餅そのものの味わいに黒糖の濃厚でありながら品の良い甘さが口いっぱいに広がります。
コーヒーにも合いそうな逸品です!

「総評」
これが本物のわらび餅なのかー!!!と感動の美味しさでした。
まず、食感が物凄く驚く程に滑らかです、何とも言えない舌触りです。
もっちりしていながら、だけどしっとりシルキー。
そして噛むとじゅわ~~っと良質の水が口いっぱいに広がる印象で、これには驚きました。
果物を食べた時の果汁が溢れる感覚に近いと言ったらいいでしょうか。

また、お薦め通りに温めて食べてみました。
溶けてしまうのでは?と思ったのですが、全くそんな事はなく二度驚きました。
温めると食感がより柔らかく、とろりとして、とても美味しく初めての感覚でした。個人的には冬は温めて食べたいです!

このわらび餅は重要なシーンでも堂々とお贈りする事ができる逸品ですね。
卵や小麦も不使用ですから、アレルギーをお持ちのお子様がいるご家庭でも、ご年配のご夫婦のみの方へ贈っても喜ばれると自信をもって言い切れます!

常温保存で日持ちも2週間ですから、贈り物としての条件は申し分全く無しです。
自分用にもご褒美おやつとして、是非購入したいと思います。
美味しく癒される極上のわらび餅、ご馳走様でございました。

 

2019-02-20 16:23:26

コメント(0)

婦人画報4月号 【別冊付録】婦人画報のお取り寄せ決定版2018に掲載されました。

由布院わらび餅が
婦人画報4月号  【別冊付録】婦人画報のお取り寄せ決定版2018
に掲載されました。

 



 

2018-03-01 16:26:00

コメント(0)

ぐるすぐりの特集記事『海外に住んでいる方への手土産』に 由布院わらび餅詰め合わせが紹介されました。

ぐるすぐりの特集記事『海外に住んでいる方への手土産』に
由布院わらび餅詰め合わせが紹介されました。

https://gurusuguri.com/special/gift/kisei_miyage/spcu-gng-kaigaimiyage/

2018-01-19 22:08:00

コメント(0)

「婦人画報8月号 夏のお取り寄せ」 に掲載されました。

由布院わらび餅詰合せ(桐箱入り)が
「婦人画報8月号 夏のお取り寄せ」
に掲載されました。

2017-07-02 22:25:00

コメント(0)

住所変更のお知らせ

住所変更のお知らせです。
この度、下記住所で、
名水ゆふの水®︎100%仕込にて
由布院わらび餅を製造することになりましたので
お知らせ致します。
新住所:大分県由布市湯布院町塚原1241-43
名水ゆふの水®︎
この水で作ります



 

2017-04-02 17:00:00

  • 件 (全件)
  • 1

CONTENTS

CATEGORY